ワールドカフェ形式の新しい「神戸の未来のまちづくり300人会議」

新しい神戸はどんな神戸にしたいですか?
自由に話し合える場は素敵だと思います。

神戸市が面白い取り組みをしようとしてます。
お菓子なんかもあるテーブルを囲みながら、
小学生以上が集まって、ワイワイ話し合う。
神戸人は神戸大好きな人が多いので(笑)
ちょっと如何でしょうか?

カテゴリー: 活動報告 | コメント投稿

青少年科学館が開館30周年

先日、神戸市立青少年科学館(愛称:バンドー神戸青少年科学館)の、
開館30周年記念式典に出席してきました。

青少年科学館は私も小さな頃に学校で行った事があり、
プラネタリウムや様々な実験道具は、
中学生ぐらいで色々理解してから体験すると、
また新しい発見があったりと楽しい場所です。

そんな楽しい場所ではありますが、
開館から30周年もたつと、
展示も古くなって動かなくなったり、
内容が時代遅れになっているものもあります。

続きを読む »

カテゴリー: 活動報告 | コメント投稿

臨時福祉給付金と子育て世帯臨時特例給付金と行政の役割

「臨時福祉給付金」及び「子育て世帯臨時特例給付金」について
14日から神戸市の受付が始まっています。
対象の方には郵送でお知らせが行くそうですが、お知らせとして。

でも、社会全体としてガソリンも170円が見えていて、
今後の物価や経済は注意して向き合わないといけません。

日々の暮らしの中で、
教科書的には物の値段は需要と供給で決まりますが、
消費者の実感として、収入から価格を計算して購入量が決まるので、
お給料が増えないと苦しくなるのは容易に想像出来ます。

続きを読む »

カテゴリー: 活動報告 | コメント投稿

厳しいルールの意味する所

自分でブログやFacebookに、
野々村県議の一件で政務活動費ルールが良くなるかもって書いといて、

ふと、
「うちは厳しいルールです!」
って自慢げにするのは
「うちは信頼出来ない議員ばかりです!」
って言ってるのと同じ意味なのかもと妄想。

ほら、学校でも校則がなくても
立派に運営されているとこってあるじゃないですか・・・
厳しくなくてもきちんと政務活動出来る議会が理想ですよね。

ルールも理想も必要ですね。
┐(´ー`)┌

カテゴリー: 活動報告 | コメント投稿

野々村議員の辞職と議会の調査、そして自浄能力は?

野々村竜太郎県会議員が辞職の意向を示したそうで、
通常ならばこの後に不適切利用を是正して終わりだと思いますが、
出張や切手購入など大きな話題となり議会への信頼を損ねたからには、
政務活動費を市民から見ても分かりやすいものへと、
改善する作業が必要でしょう。

議員の経験上からすれば、
問題が起こった時に、実際に個人が何に政務活動費を使ったか調べるには、
議会や議長には権限が足りません。日常には強制力がありませんので。
資料を出せとか言ってもありませんと言われたら終わり。
議長や議員が時間を使ってお店や関係者に個別聞き取り調査に行くのは、
警察ではないですから現実的には能力不足です。
議会の調査が物足りないと言われる理由はこの辺りでしょう。

だとすると自浄能力はあるのか、ないのか、

続きを読む »

カテゴリー: 活動報告 | コメント投稿

政務調査?政務活動?議会のルールはどう決められるのか

兵庫県議の野々村議員が政務調査費・政務活動費の利用について、
記者会見での様子が世界的に有名になっています。

そりゃ、一度見ればしばらく忘れられない衝撃があります。

ナインティナインの岡村さんが、
お笑いの基礎をしっかり押さえた教科書的会見だと絶賛していたそうで。
言葉がわからなくても世界に広まった理由の一つかもしれません。

と、のんきなことを言ってみたくなりますが、

続きを読む »

カテゴリー: 活動報告 | コメント投稿