筋トレ初心者の疑問に答えますその②(プロテインって色々な種類があるけどその違いは?買う時のポイントは?)

こんにちは、しんです。
 
今日はプロテインの種類についてのお話です。
 
 
プロテインの役割と摂取の目的は理解出来たけど、色々な種類があってよくわからないという方に世間で売っているプロテインを紹介します。
 
 

プロテインの種類

 
一般的な商品として大きく分けて3あります。
 
 
  • ホエイプロテイン
  • ガゼインプロテイン
  • ソイプロテイン
 
 
それぞれの違いを説明します。
 
 
ホエイプロテイン
 
原材料が牛乳で作られるホエイたんぱく質(乳清)を使用しています。
吸収性が早く、市販で売られているメインの商品がこのホエイプロテインになります。特にこだわりがない場合はこちらのプロテインを飲むのがオススメです。
 
 
ガゼインプロテイン
 
こちらも原材料は牛乳なんですが、吸収性がホエイプロテインより遅いです。
よく寝る前に摂取して、成長ホルモンが分泌されている時間帯にゆっくりと体内に摂取されるようにと使用している人が多いです。
 
ホエイプロテインよりは少し高価な商品になります。
 
 
ソイプロテイン
 
原材料は大豆です。大豆たんぱく質です。こちらも消化吸収は一般的に遅い商品で、更に諸説ありますが、女性ホルモンの分泌が活発になると言われています。だから女性トレーニーがよく服用しています。
 
 
色々ありますが、私は一般的なホエイプロテイン(アイソレート)を使用しています。
 

ホエイコンセントレート、ホエイアイソレート、ホエイペプチドって何??その違いは??

 
簡単にいうとグラムあたりのたんぱく質含有量の違いです。
 
 
ペプチド>アイソレート>コンセントレート
 
 
の順番に含有量が多いです。そして、それに合わせて値段も高額になってきます。
 
 
上記でも書きましたが、私はアイソレート商品を使用しています。
 
 

買う時に気にするべきポイント

 
 
  • マクロ栄養素
  • 値段
 
 
この3つです。
 
それぞれ順番に説明します。
 
 
 
毎日飲むものなので、味って非常に重要です。つまり、この味なら毎日飲み続けられるぞっていうのを選ぶのがオススメです。
 
色々な種類の味がありますが、代表的なのがチョコレート系、その他にもストロベリー系、プレーン、抹茶など色々あります。
 
もちろん、チョコ系でもメーカーによって味も違うので自分の好きな味を探しましょう。
 
私が飲んでいるのはチョコ系です。
 
 
マクロ栄養素
 
一番気にするべきは粉に対してどれくらいたんぱく質の含有量があるか?です。
 
当然ですが、粉の量に対して多い方が良いです。
 
物によっては栄養素が悪い。つまり「この粉の量の割にたんぱく質の含有量が少ないじゃん」っていうものあるって事です。
 
ですので、同じ系統の商品でもそこの部分を見比べて商品選定しましょう。
 
 
値段
 
一番大事と言っても過言ではないです。普通の食生活の中にプロテインを買うわけなので非常にお金がかかります。
 
ここを少しでも緩和するのに重要なポイントが3つあります。
 
 

・買うのは絶対にネット

 
ドラッグストアなどで市販されているプロテインも悪くはないですが、基本的には高いです。因みに高いから良い商品っていうのも実は必ずしも正解ではありません。粉は全部一緒です。それを加工して商品化する時に、各社色々な諸経費が含まれて製品一つの値段が出来上がります。だから、高い商品=優秀というわけではないです。
 
 
・セールのタイミングを狙え!
 
 
インターネットだと必ずセールを行うタイミングがあります。そこを狙って購入するのが一番安価で購入出来ます。
 
代表的なサイトがアイハーブマイプロテインが私はオススメです。
 
私が知る限りはマイプロテインが一番安価でプロテインを購入出来ます。
この2つは事前登録しておきましょう。お得な情報が届きます。
 
 
・大量購入で単価を下げる。
 
 
メーカーにもよりますが、大量購入すると単価が下がる商品があります。※特にマイプロテインは大量購入で単価を下げることが出来ます。
 
そうする事で一度の出費が大きくなりますが、長い目で見たら確実にそちらの方がお得になります。
 
 

味を気にしないなら値段とマクロ栄養素をセットで見ると更にお得!

 
 
私は値段✖️マクロ栄養素
 
 
で見ています。
 
 
つまり「安くて品質が良いもの」です。
 
 
ここでの品質が良いものというのは「グラムあたりのたんぱく質の含有量が多いもの」
 
 
という定義です。
 
 
 
そもそもプロテインの摂取の目的が「食事から補えないたんぱく質をプロテインサプリメントという物から摂取する為」だからです。
 
 
 
だから、出来るだけ安くて含有量が多いものを選びます。
 
 

値段を計算する時は一杯あたりの値段とたんぱく質含有量を計算しよう。

 
 
何度も言いますが、目的はたんぱく質の摂取ですので
 
「1日あたりプロテインから何グラムたんぱく質を摂取したいのか?」
 
を考えないといけません。
 
 
仮にプロテインから75グラムのたんぱく質を1日あたり摂取したいと考えた際
 
 
 
一杯あたりたんぱく質の含有量が
 
 
A商品:15グラム、単価100円
B商品:25グラム、単価150円
 
 
の場合にどちらの商品を購入するか?ってなります。
 
 
答えは勿論、B商品ってなります。
 
 
75グラム摂取するにはA商品では500円かかり、B商品では450円ですむわけなのでB商品がお得という計算が出来ます。
 
 
この含有量まで計算しないとグラムあたりの含有量が少ないけど安価商品だからと言って購入してしまうパターンがありますので、そこの部分まで比べながら商品選定をして購入しましょう。
 

では、また。

 

記事が為になったらポチッと応援お願い致します。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このページの先頭へ