まだまだ下がり続けるの!?ガソリンが最近だんだん安くなっている理由

ニュース考察

こんにちは、しんです。

 

今日は、ガソリンが安くなっている理由について解説します。

 

この記事で得られる情報

  • ガソリンが安くなっている理由は新型コロナの影響
  • 原油価格が史上初のマイナス域に突入
  • 原油安がマイナスで推移し続ける事で起こるかもしれない事
  • このまま安くなり続けるのか?

 

ではいってみましょう。

ガソリンが安くなっている理由は新型コロナの影響

新型コロナの影響でそもそも原油の需要が減っているのが主な理由です。

 

需要が減る理由としては

 

一言で言うと「全世界の人々の移動が減少しているからです。」

 

飛行機、電車、車などの使う人が減っていますよね。

 

その分、需要が大幅に減るから原油の買い手が少なくなり、価格が減少しているという状態です。

原油価格が史上初のマイナス域に突入

原油の価格がマイナスというのはどういう状態か?というと

 

価値がマイナス、つまり・・・

 

「原油が余っていて、買い手もいないから誰かお金を払うから引き取ってくれませんか?」

という状態です。

 

極端な言い方だと「ガソリン入れてくれたらお金あげるよ」です。

 

そんなバカな・・・って話ですよね。

 

これが人類史上初の状態だというわけですね。そりゃそうですわ。

 

それくらいウィルスの影響で世界経済は大きくダメージを受けています。

 

メインの産出国であるサウジアラビアやロシアは、供給過多の状況を受けて減産を進めているみたいですが、それでもまだまだ供給過多の状態は続いています。

原油安がマイナスで推移し続ける事で起こるかもしれない事

ここからは完全に想像の世界にはなりますが、新型コロナの影響が今後も続いて原油価格が思うように回復しない際には何が起こるか?というのを考察してみました。

原油が一番売れるのは戦争が起きた時

戦争は人々が悲しむものではありますが、この時に原油というのは一番需要が高まります。

 

「産出国からすれば、戦争が起きてくれれば国の経済が復活する」

 

という事も考える事が出来ます。

 

つまり、、、最悪のシナリオを考えると

 

「戦争を起こす引き金を作る」

 

ということをやる可能性もあるのでは?と考える事が出来ます。

 

原油の主な産出国は

 

「サウジアラビア、ロシア」

 

です。

 

この地域に住む過激派組織が、最終的にそのように考えて何かを仕掛ける可能性もあります。

 

そうなるだけで、また世界は混沌した世界に突入するので恐ろしい限りだなと考えます。

ガソリンはこのまま安くなり続けるのか?

マイナス価格というのは買い手市場なので、仕組み的にはガソリンをドルを上げるから原油を引き取ってくださいという状況です。

 

つまり、ガソリンを入れるだけお金がもらえる!?

 

なんて仕組みになりそうにも見えますが、実際は日本においてはガソリン価格の値下がりには限度があります。

 

理由はガソリン等の価格の約半分が税金である事。

そして、この先物市場での価格は

 

あくまでもガソリン価格の上下には参考にしかならないからです。

 

ガソリンの元売り各社は、原油を先物市場で確保しているわけではありません。

 

そもそも日本のガソリン元売り会社が契約している地域は

サウジアラビアなどの中東諸国で1年先まで契約していると言われています。

つまり、少々の価格変動があっても、実際の取引額は変わらないと言われいます。

実際に元売り会社が原油を取り引きするのは1年後の現物なので、現在の原油の先物市場の相場とは値段が違うという状況ですね。

 

ただ、現実としてはどんどんガソリン価格が下がっています。

 

そろそろ100円を切る!というような状態にもなってきました。

 

昔のように80円に突入する可能性も0ではありません。

 

ただ、ここで私がいちばん言いたいのは

 

「安くなった!ラッキー!」

 

とは一概には言えません。

 

それによって引き起こされる二次災害も色々あるように感じます。

安くなる理由をしっかりと理解しようというところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました