筋トレの知識やトレーニングの解説、日々考えている思考共有をメインに投稿していきます。

しんブログ

栄養学

ディフェンスのアミノ酸 グルタミンの効果について

投稿日:

グルタミン摂取していますか?

今回はアミノ酸グルタミンの効果についてお話をしていきます。

グルタミンというのは摂取することによって様々な物を守ることが出来る

ディフェンスのアミノ酸と呼ばれています。

グルタミンって何?

グルタミンは必須アミノ酸と非必須アミノ酸の中間に位置するようなアミノ酸です。

必須アミノ酸の定義は体内で生成することが出来ないアミノ酸を総称して言います。

全部で9種類あります。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

必須アミノ酸は食事やサプリメントから摂取することが必要。

でも、グルタミンは体内で生成することが出来ます。

しかし、必要とされる量が多いので体外から摂取する必要があります。

グルタミンを摂取すると何が変わる?

ストレス耐性が上げて、筋分解を防ぐ

人間の体はストレスを受けるとエネルギーを取り出したり免疫細胞を活性化したりします。

では、グルタミンはどこから取り寄せるか?というと筋肉を分解して生成します。

だからグルタミンを摂取しておかないと筋分解を促進させてしまうというわけです。

では、どの程度のストレスで反応するか?というと

日常的なストレスレベルでも影響を受けるとされています。

  • 家の中が暑いな、、、
  • 汗が垂れてきてベトベトして気持ち悪いな
  • 寝心地悪いな

そして、我々が普段ジムで行うトレーニングも

実は強いストレスを体に与えているのです。

つまりグルタミンを摂取する一番の目的は筋肉を守ること。

筋分解を抑制するためなのです。

免疫力向上にも効果があり!?

トレーニングを行なっていても免疫機能が低下して風邪をひきやすくなったりします。

グルタミンを摂取することで免疫機能を向上させることできます。

筋肉にとってはディフェンスのアミノ酸と呼ばれています。

グルタミンの摂取量とタイミングは?

朝、昼、晩とこまめに摂取しましょう。

1回の摂取量は5〜10グラムです。体重が軽い人少なめでもOKです。

また、摂取量に関しては様々な考え方がありますが、

グルタミンの摂取は基本はサプリメント

体内で生成出来るアミノ酸ではありますが、

使用量>生成量

という状態なので基本はサプリメントから摂取します。

L-グルタミン エリート

まとめ

グルタミンというのは

  1. 体内で生成は出来るが、それだけでは足りない準必須アミノ酸である。
  2. グルタミンはストレスを受けたりすると消費される。
  3. 消費される場合は筋肉を分解して生成される。
  4. 免疫機能も向上させることが出来るので風邪予防にも効果的

ディフェンスのアミノ酸です。

摂取してカラダを風邪や筋分解から守っていきましょう。

それでは!

記事が為になったらポチッと応援クリックお願い致します!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-栄養学

Copyright© しんブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.