筋トレの知識やトレーニングの解説、日々考えている思考共有をメインに投稿していきます。

しんブログ

思考共有

人生の失敗談 私の人生は失敗の連続、失敗ばかりです。

投稿日:

こんにちは、しんです。

今日はタイトルの通り「私の人生の失敗談、私の人生は失敗の連続、失敗ばかりです。」というテーマでお話をしていきます。

なぜ今回この話をするか?というと1つの失敗で落ち込む人がたくさんいます。しかし、たかだか1つの失敗で落ち込む必要はないです。

いえ、落ち込んでいる暇はないという話です。

例えば、私たちが羨ましいと思うような世の中成功者というのはたくさんいますが、そういう方達は私たちの知らないところで私たち以上に多く挑戦をして、多くの失敗をしています。

ということで私も過去の失敗を色々とさらけ出したいと思います。

失敗というのはその時は落ち込んでも、後になって長い人生において取るに足らないちょっとした出来事になります。

何があっても、挫けずに前向きに生きてきましょう!それが一番の幸せです。

では、私の失敗談ご覧ください笑




学生編

大学進学失敗

まずは記憶にある最初の失敗としては、大学進学を失敗しました。志望校に受かりませんでしたレベルではなく、センター試験で思うような点数が取れなくてその時点で戦いは終了しました。

この時に浪人を覚悟しましたが、母親に「とりあえず私立でも受けたみたら?」という事で滑り止めレベルの偏差値の私立の大学を受験しました。当たり前ですが、滑り止めレベルで受けているので合格しました。

この頃は勉強の意味とか、将来どのように役に立つとか情報が一切なくて(調べるという思考がなかった)もう勉強したくなかったので、そのままその私立の大学に進学しました。

大学中退という失敗

上記のように特に目的もない状態で進学したので、大学自体も勉強に対する強制力もないので途中から大学に行かなくなりバイトとサークル、スロットに入り浸るような生活になりました。そうすると当然に単位もまともに取っていなくて更にやる気は低下。

私は経済学部でしたが、先輩で福祉学科の先輩がホーマックに就職すると聞いた時に「福祉の勉強してホーマック?」と思いました。結局ちゃんと勉強をするという目的がないままに大学に行っても「単位を取る為だけの勉強」をして「飯を食うための就職」をするというのはどうも納得がいきませんでした。

だから親の反対を押し切って大学を中退しました。

お金編

ローンで買った車をわずか半年で廃車にするという失敗

大学を中退して、やりたいこともなかった私は当時、パチンコ店でアルバイトしていた経験を活かしてパチンコ店に就職しました。正社員という形ですね。

転勤で地元を離れて、人生初めての一人暮らし。転勤先は田舎だったので車がないと生活が出来ない!って事でローンを組んで車を購入しました。

当時で5年ローンです。5年にした理由は「5年ローンを組めば5年は最低働かないといけないから、自分を縛る意味ではちょうど良いだろう」という理由です。

しかし、その半年後悲劇が起きました。

長期休暇をもらって実家に帰る際に単独事故を起こして車が廃車になりました。

今思えばなぜ!?って思うくらい峠道を猛スピードで駆け抜けていて、途中でスリップして激突しました。

幸いにも怪我は鞭打ち程度のレベルで何日間か身体中が痛かったですが、死なずに済みました。しかし、車は廃車。

残ったのは4年半のローンです。

ここからはしばらくの間は車なしの生活、そしてちょっとした貯蓄を使って友達から10万ちょっとでボロボロの車を譲ってもらって乗るという日々が続きました。

まさに絶望でした。なにしてんだ俺です。

仕事編

なかなか昇進出来ないという失敗

簡単にいうと、仕事は出来たが生意気だし、人格形成がちゃんとされていない若かりし頃は昇進のチャンスをもらえませんでした。当時は「俺より仕事が出来ないアイツがなんで先に昇進するんだよ」と嘆いていた時期もありましたが、後々自分の未熟さに気付いた頃には色々な気持ちも吹っ切れて、その時にはチャンスをもらって無事に昇進することが出来ました。

昇進試験に2回落ちるという失敗

1回目の昇進から2回目の昇進試験が大変でした。結局3回目で合格しましたが、2回落ちました。

2回落ちたのも、ちゃんと勉強していなかったのか?というと誰よりも勉強していました。そして誰よりも事前に準備していました。しかし、落ちてしまいました。。。

落ちた理由も今でも明確ではありませんが、もうこの頃は「落ち込む暇があるなら前を見ろ」精神は身についていたので「また次頑張ろう 」と前向きに行動していて結果として3回目で合格しました。

プライベート編

ジム通いは2回挫折しているという失敗

ジム通いは現在で3回目のチャレンジになります。初めて通い始めた頃から今に至るわけではありません。

1回目は3ヵ月程度、2回目は1ヵ月程度で挫折しています。

理由は明確な目的がなかったのと、「遊びたい、ラクをしたい」という気持ちが今より強かったためです。

自己啓発も最低でも10個は続かなくて途中で挫折しているという失敗

色々やりました。

簿記、英会話、中小企業診断士、、、、、

ほとんどが続かなくて途中で挫折しています。それくらい私自身も意思が弱い人間です。

これもジム通いが失敗した時と一緒で明確な目標がないままにとりあえずチャレンジしてみたから失敗したのだと思います。

しかし、それも今となっては正解だと思っています。

色々な失敗を繰り返しながらも、ここまでくじけなかった理由

楽観主義

意外にも私は楽観主義です。どういうことか?というと「最終的にはなんとかなるだろう」と失敗したり、うまく行かない日々が続いてもそういう思考でいるからです。実際に現実もそうです。

私の人生、窮地に立たされてもなんとかなっているからです。

それは運が良かったというのもあるかもしれませんが、運を引き寄せるのも心の持ちようなのでは?と思っています。

だから私は最終的にはなんとかなる精神の楽観主義タイプです。

やっぱり大切なのは負けず嫌いな心

ここまで挫けなかったのは楽観主義だけではなく、根本的に負けず嫌いの性格だったからだと思います。他人には負けたくない、アイツには負けなくたい。そういう精神がどういう状況でも力強く前に進めた原動力になっていると思っています。

どんな相手でも、自分だって努力すれば、その領域に到達出来ると思っている「根拠のない自信」というのがあります。そういう気持ちは冷静に考えると大切だなと改めて感じます。

一つの成功から自信がつく話

人間は一つの成功から自信がつく生き物だと思っています。私自身も筋トレだったり、昇進試験は失敗の連続から成功しましたが一つでも成功すると自分に自信がつきます。

自信がついた状態で次のステップにチャレンジしても失敗はたくさんするのですが、落ち込むことはなくなりました。

何故なら「過去の成功体験が自信になっているから」です。過去の成功体験に酔いしれるのはNGですが、成功体験を元に自分に自信を持って物事に取り組むだけで、それに対しての姿勢が変わってくるので失敗の数は積み重ねても、その分試行錯誤も積み重ねるのでいつか必ず成功を勝ち取るようになってくるわけです。

だから小さいことでもいいので失敗の連続の中に小さな成功体験が生まれてきたらそれは大切にするべきなんです。

それが原動力になります。

やりたいことが見つからない、自分に何が向いているか?わからない人へ

結論、色々な挑戦をするべきだと私は思います。

自分が何が得意なのか?何をやりたいのか?わからない人は世の中いっぱいいます。私の周りにもいっぱいいます。しかし、そういう人に共通しているのが、「だからといって色々なものに挑戦するという意志はない、チャレンジ精神もない」というところです。

簡単にいうとやりたいこともわからないけど、探してもいないということです。

自分から探さないで、気付いたら目の前に自分に向いているものが突如降りてくるほど世の中恵まれていませんし、そんな奇跡は起こりません。

ですので、是非様々な挑戦を繰り返して、ほとんどが失敗するかもしれませんがその中で自分のやりがいを見つけてみてください。




記事が為になったらポチッと応援クリックお願い致します!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-思考共有

Copyright© しんブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.