パチンコ店の釘調整について(法律の話、基本概念等)

こんにちは、しんです。

今日はパチンコ店の釘調整について、お話をします。

釘調整とは?

スロットは設定がありますが、パチンコは一部の機種を除いて設定がありませんので、出玉調整は全て釘調整を行い管理しています。

設定があるスロット、一部のパチンコに関しては設定によって大当たり確率を変更出来ますが、設定がないパチンコに関してはスタート管理しか出来ないので、だから出したい日はへそを開けてスタートを回すっていう事をします。しかし、大当たり確率は変更出来ないのでスタートが回っても当たらないという現実も中にはあります。(良くあるのが回るけど当たらない、○○の日なのに出ていない等)

ただ、この釘調整というのは実際には法律違反というのも現実あります。

何が法律違反なのか?

そもそも釘を調整することが法律違反になります。

具体的にいうと

「納品された状態から変更をかけてはいけない」

というルールがあります。

「A」という機械を製作して世に出すには型式試験というものを受けて通らないといけません。

その型式試験で受けて通った時の状態(お店への納品状態)から変更する事が法律違反になります。

実際に近年、毎年何店舗か「この納品された時の状態からは大きく異なる状態になっている遊技機を設置している」という事でその遊技台が警察に回収されてそのまま営業停止になっている店舗も全国で見たらあります。

警察の摘発方法

一昨年の春から「釘確認シート」というのがメーカーから発給される事になり、警察はそのシートを元にお店が法律違反をしているか?していないか?の判断を行います。

このような透明なシートです。こちらは各機種1枚ずつあります。この制度が導入される以前の機械にはこのシートは存在していません。

このシートを所定の盤面にあてて、実際に釘がこのシートの釘の絵の枠からはみ出ていたり、大きく形が違っている場合は法律違反という事で摘発対象になります。

地域にもよりますが、警察が入替検査の際に1機種1台ずつ細かくチェックする訳でもなく(めちゃくちゃ時間がかかるので)普段は使いませんが、一般客からのタレコミだったり競合店のタレコミ、はたまた警察が目視で明らかにおかしい形をしているだろってなったら「釘確認シートを用意してください」ってなり、そうなったらもう最後って事です。

つまり「釘確認シートを使って確認します。」ってなったら摘発確定という事です。

具体的にお店はどういう場合、どういう目的で納品状態から釘を変更しているのか?

大きく3つあります。

  1. 納品状態が営業には全く使えない釘構成の場合
  2. より利益を上げたい時
  3. 基本営業はへそで調整

順番に説明していきます。

納品状態が営業には全く使えない釘構成の場合

最近は減りましたが、納品した状態で営業をすると納品状態の盤面構成が赤字になってしまう(めちゃくちゃスタートが回ってしまう。)作りの台があります。そのまま使うと千円で25回とかの台です。

利益を上げるどころが赤字垂れ流し状態になってしまうので、そういう場合は調整をかけます。(わからない程度に)

より利益を上げたい時

当たり前ですが、利益無くして営業は成り立ちません。納品状態だと物足りない場合はそういう調整をかけます。(これもわからない程度に)

基本営業はへそで調整

普段の営業はへその調整でスタート回数の管理をして出玉調整を行っています。ですから、この際も釘調整は行っています。

実際は暗黙のルールでもある。

警察は日々、釘調整をしているのは知っています。それなのに何で摘発しないのか?っていう部分に関してはまた違うブログで記事書きます。

パチンコ業界と警察の癒着ってところですね。

設定付きパチンコの目的と役割

こういう法律違反をしないように釘調整での出玉調整ではなく、設定によって出玉調整を行おうというので誕生したのが設定付きパチンコになります。

釘は納品状態のまま。ここを変更しないで設定によって調整を行う。

では、実際はどうなのか?というと・・・

「納品状態で設定1でも赤字になる機種がある」

これは設計ミスです。どこのメーカーとはここでは触れませんが・・・

本当にメーカーの設計ミスって多いんですよね。

そんなに難しいものなのか?謎です。(作った事がないのでわかりませんが)

まとめ

釘調整はわからない範囲では、やってもOK、警察も知っている。

しかし、やり過ぎたら摘発される。

設定付きパチンコもまだまだヒット作も少なく、機械構成も甘く釘調整をせずに設定を上手に入れながらの運用が難しい。

お店側としては釘調整も正直めんどいので(納品されたのを調整するのが)全部設定付きになる事で運用は楽にはなると思うんですけどね。

では、また。

記事が為になったらポチッと応援お願い致します。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ