ShiN blog 「NFT」「仮想通貨」専門ブログ

【初心者必見】ガス代とは?OpenSeaでNFTを買う時に手数料を安くする方法

NFT 仮想通貨

初心者の人だと『ガス代ってなに?』『いくらかかるの?』といった疑問や難しいという気持ちになるに違いありません。

しかし、知っておかないと損することも多いのでしっかり学んでおきましょう!

 

こんにちは!シンです。
@ShiN_NFT_bLog

 

NFT買いたいけどガス代って何?高いの?

 

本記事では上記の疑問や不安を解決します。

本記事の内容

  • ガス代ってなに?
  • いくらかかるの?
  • 安く買う方法は?

 

僕はNFT専門のブログ運営とNFTコレクターをしています。信頼性はあるのでご安心ください!詳しくはこちら↓
@ShiN_NFT_bLog

 

僕も最初なんにも分からず不安を感じたのであなたの気持ちは分かります。

不安があるとNFTになかなか手を出しづらくハードルも高くなってしまう。

本記事ではその不安を解決するだけではなくあなたがNFTを安全かつ簡単に手に入れられる手助けになる記事です。

最初は不安が多いですが一緒に学んであなたもNFTを手に入れましょう!

NFTの売買には仮想通貨が必要です。

NFTを手に入れるにはイーサリアムという仮想通貨が必要になります。仮想通貨の販売所、取引所でイーサリアムを購入しておきましょう!

まだ口座開設してないよって方もいるかもしれません。登録無料のコインチェックがおすすめ!

まだ口座開設してない人は5分もあれば登録出来るので以下のサイトから登録してください↓

コインチェック

コインチェックの口座開設が分からないよって人はこちらの記事で完全開設しているので参考にしてみて下さい↓

NFTを購入する時のガス代とは?

説明の画像

 

ガス代ってなに?って思う人もいますよね!ガス代とは手数料のことです。

このガス代(手数料)は以下の時にかかります。

  • 取引所からウォレットへの送金する時
  • NFTを購入した時
  • ETH⇄WETH 変換する時

難しいと思うので以下で初心者にも分かりやすく解説します!

 

取引所からウォレットへの送金する時

まず最初にガス代(手数料)がかかるのが取引所からウォレットへ送金した時です。

取引所は上記で紹介した『コインチェック』などでウォレットとはデジタル上のお財布『メタマスク』だと思っていただけたらいいと思います。

説明の画像

この時かかる手数料はおよそ2000円程度。

『ちょっと高いな』って思うかもしれません。NFTに関する手数料はちょっと高いことが多いのでご了承下さい。

 

NFTを購入した時

NFTを購入した時にもガス代(手数料)はかかります。

例えるなら荷物を運送してもらう時の手数料を想像していただければいいと思います。

説明の画像

手数料いくらするの?って疑問があると思うのでお答えしますね!僕がNFTを買った時は5000円くらいでした。

しかし、この金額は固定されているわけではなく変動します。

市場全体の取引量でガス代(手数料)の価格は変わってくる。日にちや曜日や時間帯などで価格は変化するのでNFTを買う時は確認しましょう!

どのNFTを買ったらいいかわからないよって方は以下の記事を参考にして下さい↓

 

ETH⇄WETH 変換する時

OpenSeaのプラットフォームで二次流通やオークションで入札する時に使用するのはイーサリアムという通貨ではなくWETHを使用します。

イーサリアムからWETHに変換する時またはその逆で変換する時にガス代(手数料)がかかります。

色々手数料ばかりで嫌だなって思う方も多いですよね!なので以下で少しでもガス代を抑える方法をお伝えします。

<<【完全無料】コインチェックの口座開設はこちら

NFT購入者がガス代を安くする方法

説明の画像

ガス代(手数料)は安くは出来ますがゼロにしたり、無料にすることはできません。

なのでガス代を安く出来る方法の2つを以下で紹介します。

  • polygonで購入
  • ガス代が安い時に購入する

上記の2つを深掘りして説明します。

 

polygonで購入

説明の画像

世界で多く使われているのがイーサリアムというチェーンなのですがガス代(手数料)が高いことがネック。

それに比べてpolygon(ポリゴン)チェーンは手数料がかからないのがメリットです。

なので1番最初NFTを購入する時はpolygon(ポリゴン)がおすすめです。

 

ガス代が安い時に購入する

上記でも軽く触れましたがガス代は市場の取引量で変動します。

ということはガス代が安い時にNFTを買うのが一番お得ということですね!

でも、ガス代がいつ安いかなんて分からないよって言う人もいると思います。

ガス代がいついくらだったかEthereum Gas Price Chartというサイトでわかります。

チャートを見れば一目瞭然なのでいつ安いのかこのサイトでリサーチしてNFTを購入しましょう!

『いつ』『どの時間』『どの日にち』に手数料が下がるタイミングを見つけると安く買えるのでおすすめ!

<<【完全無料】コインチェックの口座開設はこちら

 

NFTの購入にガス代は必須

説明の画像

上記で説明したとおりNFTを購入するにはガス代(手数料)が絶対かかることは知ることが出来ましたね!

完全無料で購入することは出来ません。もし完全無料で出来ますよって言われたら詐欺なので気を付けてください。

しかし、手数料や手間が必要な分『IT』『金融』リテラシーが高い人が多く参入しています。

そういう意味ではある程度フィルターがかかっているので良いのかもしれませんね!

 

徐々にガス代は安くなる話

まだまだNFT市場は伸びていきます。

日本では人口の1%もNFTに触れている人はいません。

必ず伸びる市場なのでNFTに関わる人が増えることによりガス代の問題も徐々に改善されていくでしょう。

なんでも始めたばかりのサービスは高いもの。時間が経てば改善され良くなります。

 

『今』始めた方がメリットが大きい

なんでもそうですが早く始めた人の方が有利ですよね?

それは『勉強』『スポーツ』『仕事』どれにでも当てはまります。

例えるならマラソンをする時30分早くスタートし走り始めた方が30分遅くスタートした人より早くゴールする可能性は高いですよね!

それと同じように先行して始めることはメリットが大きいということ。

<<【完全無料】コインチェックの口座開設はこちら

まとめ

まとめると

⚪︎ガス代とは手数料のこと

購入する時ガス代が必要な場面は以下の3つです。

1.取引所からウォレットへの送金する時

2.NFTを購入した時

3.ETH⇄WETH 変換する時

⚪︎ガス代が安い時に買うにはEthereum Gas Price Chartのサイトでリサーチしましょう。

まとめは以上になります。