パチンコの当たる確率について(1/100の台で100回転スタート回したら当たるは間違い!?)

こんにちは、しんです。

今日は意外と知らない!?パチンコの当たる確率論についてご紹介します。

確率分母回したのに当たらないぞ!

お客さん、スタッフでも1/100なら100回転回したら1回は当たる確率と思っている人が多いですが正確には少し違うという事をご存知でしょうか?

今日はその話について計算の仕方をご紹介します。

確率分母分を回しただけでは理論上、当たる確率は約65%である。

「約65%」

これが結論になります。1/100の台を100回転回したら、その時の当たる確率というのは100%ではなく、約65%です。

今からこの計算方法を説明します。

当たらない確率を考えて、当たる確率から引く

まず大当たりが当たらない確率を考えます。

1/100の台で1回転回した時に当たらない確率は99/100です。

この99/100を100回繰り返すと(99/100*99/100*99/100*99/100…)

「この時点で100回転回した時に当たらない確率」=(大体35%くらい)

というのが求められます。

ここから当たる確率(100%)から当たらない確率(大体35%くらい)を引くと

計算式:1-(99/100の100乗)=63.396765903…..%

※実際に計算してみました。間違っていたらすいません・・・

「1/100の台を100回転回した時に当たる確率というのが計算出来ます。」

ですので、決して1/100の台で100回転回した際に理論上ほぼ当たるというのも間違いだっていうことです。

なら、200回転回せば理論上は100%当たるのか?

これも結論から言いますが、そうではありません。

こちらも私が電卓を使って計算してみました。(若干の叩き間違いあるかもしれませんが、ご了承下さい。)

  • 200回転回したら当たる確率:86.602032557…..%
  • 300回転回したら当たる確率:95.095910641…..%
  • 400回転回したら当たる確率:98.204944722…..%

つまり1/100の台でも2%くらいの確率で400回転ハマるってことです。

お店には甘デジが何台もあって、1日を通して皆さん初当たりを量産していく中で何台かはこういうハマり台が出てきても別に不思議ではないって事ですね。

こういう数字的な部分を理解して打つとまた別な面白さが出てくるかもですね!

※とは言え、、、こんな理屈知っていても当たらないと面白くないですけどね・・・

では、また。

記事が為になったらポチッと応援お願い致します。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ