管理者に必要な部下への指導方法について 絶対にやってはいけない叱り方とは?

思考共有

こんにちは、しんです。

今日は管理者の立場の部下をたくさん持つ上司の指導方法をテーマにお話をしていきます。

私自身も部下を30人以上抱える管理職ですが、日々部下の指導教育という部分で

こういう部分を意識して指導教育しているというのを一つ紹介します。

今回は絶対やってはいけない叱り方というのを紹介します。

叱るのはダメなのか?

そんな事はありません。
間違っている事をした時は叱らないといけません。

人として間違ったことをしたら叱るのは当然です。

そもそも部下というのはビジネスマンとして未成熟だから部下です。

だから間違ったこともするし、人としてやってはいけないこともします。

絶対やってはいけない叱り方は?

では、絶対にやってはいけない叱り方は何か??

相手とコミュニケーションが普段取れているか?取れていないか?です。

つまり、上司の立場として結果として叱っている内容が正しかったとしても
コミュニケーションが取れていない部下に叱るのはNGという事です。

指導内容が正しいか?正しくないか?が問題ではない。

え?どういう事?ってなると思うのでここで一つ具体例を考えてみましょう。

普段はコミュニケーションが取れていない上司なのに、いきなり叱ってきて

もしあなたが部下の立場だったら

「指導内容が正しいか?正しくないかは別として素直に受け入れられますか?」

って事です。

よほどの人格者ではない限り、受け入れられないと思います。

ましては人格形成が不十分な若い子たちには受け入れられないでしょう。

承認の土台があってこその「褒める」と「叱る」である

ここで大事になってくるのが「承認」です。

この承認の土台というのは「日頃のコミュニケーション」です。

ですので、日頃から部下が自分の事を見てくれていると思っていない状態でいくら叱っても相手には響きません。

これは褒めるときも一緒です。たまたま結果を出した部下に対して、

日頃からコミュニケーションが十分に取れていない上司が褒められたりしても部下はこういう風に感じ取るでしょう。

「結果出した時だけ、褒めるんかよ。日頃、現場のことなんてよくわかっていないくせに・・・」

日頃から見てもらえていない、承認されていないと感じているからです。

逆に普段から全然結果が出ていない部下に対して上司が

「最初から結果を出せる人間はいない。俺もそうだったし、みんなそうだった。だから今はトレーニング期間だと思いなさい。諦めるな。ちゃんと見ているからな」

と声をかけていたとします。

その部下がようやく結果を出せた時に

「お前ならやると思っていたよ、おめでとう」

って言われたら、めちゃくちゃ嬉しいですよね!

そしてこういう関係性が出来た上司で、たまたま今度はその部下がミスをしたとします。

そうしたら上司が

「何やっているんだ!お前がそんなことやる人間じゃないないだろ!」

と叱られても、

「すいません!気を引き締めて頑張ります!」

って素直に受け止められますよね?

これが承認という土台があっての「褒める」と「叱る」です。

部下のことをどんどん知ろう

まずは部下の知りましょう。

見えない部分での頑張りや、仕事以外の悩みなど把握していますか?理解していますか?

仕事での目標はもちろんの事、将来の夢、好きな食べ物、趣味などなど

仕事に関係することからしないことまで全て、理解を深めていきましょう。

ここを知る努力をしている途中で必ず気づくはずです。

なんでこんな事にも気づいてあげなかったんだろう。

なんでこんな事も知らなかったんだろう。

きっと自分が恥ずかしくなるはずです。

このマインドを持って部下に接するだけで部下に対する見方も変わります。

当然、見方も変わっているわけですから自然と部下の受け取り方も変わってきます。

そうして本当の信頼関係が構築されるのです。

まとめ

叱るも褒めるもまずは承認という土台形成が必要。

承認というのは部下が自分の事を見てくれているという状態を作る事。

それすらもない状態で叱っても褒めても相手には何も響かない。

まずは相手の理解するところから始めよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました