筋トレの知識やトレーニングの解説、日々考えている思考共有をメインに投稿していきます。

しんブログ

ダイエット 栄養学 筋トレ

筋トレする前にコーヒーを飲むべき理由

投稿日:

こんにちは、しんです。

今日は筋トレ前のタイミングでコーヒーを飲むべき!という話をお伝えてしていきます。




何故コーヒーを飲むべきなの?

先に結論から言うと、トレーニング前にコーヒを飲むことで筋トレや有酸素運動のトレーニング効果が飛躍的に高まるからです。その高まる原因となるのがコーヒーに含まれる様々な成分が影響していると言うわけです。

コーヒーに含まれるトレーニング効果を高めてくれる成分たち

カフェイン

  • 運動パフォーマンスが向上する。(脳が体の疲れを感じとらないようにすることでパフォーマンスを維持する事が出来る。要は疲れにくくする。)
  • 脂肪燃焼効果が高まる。
  • 集中力がアップする。

こんな論文もあります。

カフェインに関しては色々な研究が進められていて、論文の数も膨大です。そして、大体どれを読んでもトレーニング中のパフォーマンス向上には一定効果があると言う結論に導き出されているものがほとんどなので、それを見るだけどれくらい有効性が高いのか?がよくわかります。

ナイアシン

ナイアシンは水溶性ビタミンB群の一つで、ニコチン酸とニコチンアミドの総称です、ビタミンBというのは簡単にいうと糖質・脂質・タンパク質の代謝を促進し、ダイエットする上で欠かせない重要な栄養素と言うわけです。

クロロゲン酸

こんな言葉を聞いてもなんのこっちゃって感じだと思いますが、コーヒーに多く含まれているポリフェノールの一種でダイエット効果があると言われています。

理由としては肪燃焼を促進する効果があります。体内にすでに溜まっている脂肪や新たに発生した脂肪を燃焼させます。

特にメタボリックシンドローム(通称メタボ)の原因と言われている肝臓の脂肪の燃焼効果が期待されています。また糖質を分解する酵素を阻害する働きがあります。それが結果的に糖質の吸収を緩やかにすることにつながり、余分な脂肪の溜め込みをしないようにします。

また、アンチエイジング効果、糖尿病予防効果など様々な効果があると言われています。

実はトレーニング後もコーヒーは有効

実は筋トレ中だけではなく、トレーニング後にもコーヒーは有効です。その理由が以下です。

  • トレーニング後の疲労を軽減してくれる。
  • 脂肪燃焼効果が持続される。

特にトレーニング中というのはカフェインを摂取したり、BCAAなど様々なサプリを摂取しているとトレーニング中は筋肉疲労はしますが、そこまで疲れを感じません。

しかし、トレーニング終了後1〜2時間後くらいには全ての効果が切れている状態になると強い倦怠感に襲われることがあります。

ですので、トレーニング終了後も夜とかでなければ、軽くコーヒーを摂取していく事でそれが軽減されます。

トレーニング前に飲むコーヒーはどれくらいの量が適切なのか?

大体トレーニングを始める前30分~1時間前にカフェインの量を200~300ml(コーヒーでいうとコップ3杯分)摂取するのが理想ですが、特に普段からカフェインを摂取していない人は神経過敏になり過ぎて夜寝れなくなる可能性があります。

ですので、最初はコップ1杯のコーヒーからで十分です。

それだけでも十分に効果は期待できます。

コーヒーが苦手な方はエナジードリンクでもOK

こちらでも十分にカフェインを摂取してトレーニング効果を高めることが可能です。

まとめ

  • コーヒーにはトレーニング中のパフォーマンス向上やダイエットに効果的な脂肪燃焼効果がある、万能な飲み物である。
  • 様々な研究がたくさんされているのでその信ぴょう性も非常に高い。
  • トレーニング前にコーヒー飲んでいないなら今すぐ飲むべき。
  • でも、夜トレーニングする際に飲むなら眠れなくなる可能性と寝つきが悪くなる可能性があるので注意が必要。




記事が為になったらポチッと応援クリックお願い致します!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-ダイエット, 栄養学, 筋トレ

Copyright© しんブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.