筋トレの知識やトレーニングの解説、日々考えている思考共有をメインに投稿していきます。

しんブログ

思考共有 筋トレ

皆さんの筋トレを始めたきっかけはなんですか? 筋トレのルーツについて

投稿日:

こんにちは、しんです。

トレーニーの皆さま

筋トレを始めたきっかけはなんですか?

筋トレしているなら他人のルーツが気になると思いますので

今回は私の筋トレを始めるきっかけとなったルーツをお伝えします。

また、筋トレをされていない人向けに

筋トレを行うメリットとデメリットについてもお話をします。

筋トレの原点はここから始まる

時は小学生までさかのぼります。

小学生のころは6年間ずっと水泳をやっていました。

因みに水泳を始めた理由は親に行けと言われて行っていただけなので

特に深い理由はありません。

ですので水泳をしていただけあって、比較的に筋肉質な感じではありました。
(まあ小学生なんでガリガリですけど)

当時、筋肉番付っていうテレビ番組が放映されていました。

そこで3分間で何回腕立て伏せ出来るか?みたいな企画があって、

家で見よう見まねでやったら、もちろんオフィシャルではないにしろ・・・

「テレビの記録塗り替えちゃった」みたいな事が出来てしまい

1人で家で盛り上がっていました。

これが私の原点だと思います。

ここから鍛える事が楽しくなって

一人で家で腕立て伏せのトレーニングをしていたのを

今でも覚えています。

中学、高校は反抗期(笑)

このころは腕っぷしが弱いとナメられる。

そういう思考があったので(今思えば可愛いですね。)

筋トレしていました。

筋トレと行っても腕立て伏せをしたり、腹筋したり、懸垂したり

ダンベルでちょこっと鍛えたりなので、大したことはないですが

それでも周りの人たちよりはガタイは良かったかな?と思います。

社会人の始まりは・・・

学生時代と変わらずにこの頃も家でちょこちょこはやっていました。

体重は今よりは15キロくらいは軽く細マッチョみたいな感じですね。

入社2年目から本格的にジムでトレーニング

最初は店舗の同僚と通うようになりました。

通い始めようと思ったのは同僚のお誘いがきっかけです。

ジムで鍛えるのもおもしろいんじゃないか?と言われて

通うようになりました。

しかしジム通いは2回挫折経験アリ

意外にもジム通いは2回挫折しているんです。

自宅トレーニングはずっと続けてきていたのに不思議だなと思いますが

今更ながらジム通いが定着出来なかった理由としては

  • ジムが空いているような昼間の時間は遊びたかった。
  • 自宅トレも気が向いたときにやっていた程度でルーティン化出来ていなかった。
  • 通う目的が目標が特になかった。

小学生の頃はひたすら腕立てしたり、学生時代は周りの人に負けないように筋トレしたり

では社会人になって何かあるか?と言われれば特に目的も目標もなかったので

ジム通いが出来なかったのでは?と思います。

ですので、何事にも

目的と目標を明確にしてそこに向かって取り組む事

これが大事だと感じました。

以上が私の筋トレのルーツになります。

いかがでしょうか?

筋トレを始めようと思うきっかけは人それぞれですが

大きな大義名分は最初はなくてもいいかなと思っています。

でも、続けるうちに大きな目標が見えてくる。

そういうものではないでしょうか?

筋トレするメリット

最初は意識していませんでしたが、今更ながら振り返って分析すると

結論

「筋トレをする事で仕事の能力が上がる。」

です。

是非、仕事で伸び悩んでいるなと感じる人は試してみて下さい。

理由は大きく4つあります。

  • 自分に自信がつく
  • 管理能力が身につく
  • 脳が活性化する
  • 精神的にも強くなる

では順番に説明していきます。

自分に自信がつく

だるだるの自分の体が鏡に映って

「俺の身体、今日も最高だ!」

なんて言う人はいないと思います。

お腹溜まった脂肪を見て、どちらかというとテンション下がるパターンが多いと思います。

それをトレーニングをする事で自身が身体が改善されていきます。

努力した証が結果として身体の変化という部分に繋がるので、

自分でも努力する事で結果を出す事が出来るんだと実感する事が出来ます。

結果を出せる自分になれるわけなので、自然と自信が出てきます。

管理能力が身に付く

最初はがむしゃらにトレーニングするのも良しです。

最初はそれで結果がついてきます。

しかし、更なる結果を求めるには細かいトレーニングメニューの組み立てや

食事管理が必要になってきます。

そうなると自然と細かい管理を意識するようになってきます。

  • 今日の朝の体重、寝る前の体重はどうかな?
  • 今日何を食べたかな?
  • 目標を達成するにはどういう食事をしていかないといけないかな?
  • 今日のトレーニングメニューはどうしようか?
  • じゃあ明日はどういうトレーニングにしようか?
  • 新しいトレーニングプログラム試してみるかな?
  • 仕事だ、筋トレにいけないかも、じゃあどうする?

更に知識がないと勉強しないといけないですよね。

自然とそういう部分の勉強をするようになります。

そしてそういう習慣が身に付いてきます。

脳が活性化する。

「暗記したり、物を覚えたりする際は身体を動かしながらの方が良い」

という研究結果があるくらい脳と身体の関係は密接です。

確かに私もウォーキングマシンでスマホで覚えたいものを見ながら

歩いてたりしていると、いつもより頭に入ってきやすい感じもしました。

今ではスタンディングで作業を行う用のデスクとかも販売されていますよね。

それくらい身体を動かすと脳も活性化されます。

その状態で仕事をすれば、当然作業効率が上がったり

様々なアイディアが生まれる様になりますね。

精神的にも強くなる。

以前にも話したことがありますが、軽い運動やヨガみたいなのをやると

副交感神経(リラックス作用)が刺激されます。

そうすると交感神経とのバランスが良くなり自律神経が整います。

うつ病などの精神疾患防止にも効果的ですね。

筋トレするデメリット

でもいいことばかりではありません。

勿論、デメリットもあります。

大きく3つかなと思います。

ジム代がかかる。

でも通わないならタダです。家の簡単トレーニングなど。

最初は簡単に自宅トレーニングでも良いですが、

基本はジムでのトレーニングをお勧めします。

理由は周りの環境から刺激を受ける事が出来るからです。

様々な年代の人に囲まれて

様々な理由で筋トレに通い

様々な手法で筋トレを行い

これを感じるだけでも良い刺激になり

十分に通う価値があるかと思います。

時間が取られる。

今までの生活スタイルの中に自分自身にかける時間が増えます。

ですので、プライベートの時間を削る必要があります。

色々とやりたい事が多い人にはこの時間を捻出するのが難しいかもしれません。

筋肉痛になる。

身体を鍛えるので、当たり前ですが筋肉痛になります。

どんなに鍛えている人でも筋肉痛にはなります。

私は365日中、350日は体のどこかは筋肉痛です。

 

 

以上が、私の筋トレのルーツと筋トレにおけるメリット、デメリットでした。

始めたきっかけは安易でも今では大義名分が自分の中で生まれた

私自身、最初のきっかけは安易なものでしたが、気づけば

「筋トレを通じて人々に幸せな人生を送れるように筋トレの良さをもっと世に広めていきたい!」

こういう思いが強く生まれてきました。

なんでもそうですが、きっかけはちょっとしたこと。

そこからその世界にどっぷり浸かると違うものが見えてきます。

カラダだけではなく様々な面から自分を変えたい!

という人には、筋トレはオススメの自己啓発になります。

皆で心身ともに充実した人生を送りたい!という方は是非筋トレを

始めてみてはいかがでしょうか?

習慣化できれば確実に自分の変化に気づく事が出来るはずです!

それでは!

記事が為になったらポチッと応援クリックお願い致します!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-思考共有, 筋トレ

Copyright© しんブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.